コーディング代行サービスの制作の流れを知ろう

安定した品質をリーズナブルに提供できるよう、コーディング代行会社ではよりスムーズな取引の流れを構築しています。まずうれしいことに、コーディング代行の見積りを基本的には無料で行っているという事です。ただし、見積もりの際には、デザインなどのデータが必要となりますので、あらかじめ用意しておく必要があります。また、依頼するコーディング代行会社の営業時間も事前に確認しておきましょう。見積もりをお願いしても、営業時間外の場合はすぐに返事が来ない場合もあります。

実際に納入の流れとしては、見積もりから始まりデザインデータなどの入稿、コーディング作業の順で行われ、コーディング作業が完了したら、まずはテストURLで確認する事ができます。

最終確認をした後は商品の納品となりますが、実際の納品もコーディング代行会社に直接出向いて納品してもらう必要はありません。その逆もしかりで、依頼側のところへ直接納品してくることもありません。納品データをインターネット経由で、ダウンロードすることで納品となるため、無用な手間などは一切ないのです。納品後に大切な支払についてですが、コーディングデータの納品後、会社側から請求書の発行が行われますので、その後期日以内に支払いを完了させます。